Q&A

どなたでもどこでも美味しいコーヒーを

『外』から見えてくるコーヒーの新しい形

10年以上、様々な場所で何十万杯というコーヒーをお作りすることを通じて、多くのお客様と直接お話させてもらって来ました。

その中から頂く機会の多いご質問について、店頭では十分にお答え出来ないポイントを含めた回答をまとめました。

  • 思うようなコーヒーに出会えない・作れない
  • 自分で淹(い)れてみたいけど難しそう
  • もっと深くコーヒーについて学びたい

実際にお話を伺うと、このように感じてらっしゃる方が少なくないことから、当店のコンセプトに沿って「どなたでもどこでもお好みのコーヒーに近づいて頂けること」を目的に、優先度が高く根拠が確かな情報のみをシンプルにまとめるように注意しています。

なぜなら、コーヒーは難しい、こだわりの~、奥深い~といったイメージばかりが先行してしまっている原因の多くは、コーヒーという分野が他分野と比べて特別に難解なものだからではないからです。

その原因は、私達が日常的に触れるコーヒーに関する情報が、主に需給関係を元にするビジネス定型文や伝聞、印象止まりであること。

そして、そうである以上は次々と生まれては消え続ける情報量自体が、避け難い障壁となってしまうという仕組みにあります。

つまり、以下に代表されるような情報伝達に関わる問題が本質的な原因です。

  • 一部分、一面のみが切り取られている
  • バラバラに組み合わされている
  • 無関係なものが混同・混濁されている
  • 宣伝・主張に利用されている

ご存じのようにコーヒーには長い歴史があり豆、器具、工程、お店などをそれぞれ見て行けば多種多様です。ある程度は、その時代や地域、人の嗜好に合った方式(一連の組み合わせ方)やスタイルとして確立されているとはいえ、その中でさえバリエーションは豊富にあります。

では、そのような中からご自身の力でお好みのコーヒーにたどり着くためには、それらの特徴や仕組みについて一つ一つ学んだり、器具やお店を一から十まで網羅したり、専門書を読み漁ったりしなくてはならないのか?というと、実は、皆が皆そのような過程を経なければいけないという心配も労力も要りません。

  • 全てに共通するポイントは何か?
  • なぜそうするのか?

これらの『核心(情報の源流)』とそこに至る『近道(法則性)』は、コーヒー以外の分野も含めた歴史的な積み重ねによってすでに存在しています。

にもかかわらず、それらについて誰もがそこに辿り着くために有用な『地図(ナビゲーション)』という形で伝えられているケースに出会うことは非常に稀です。「お好みのコーヒーを作る、見つける」ためには、優先的に源流までのルートが描かれた『地図』を探すこと、そして、それをご自身のものとして携えることをお勧めします。

普通ならば、上に挙げた豆や器具やお店についての情報やレビューなどを参考にしてしまいがちですが、それらは私たちにとって身近で触れやすくなった情報の最下流部に当たります。無数に枝分かれし、様々な要因が混ざり合った後のそれらから「道標」や「指針」となり得る根源的な情報のみをフィルタリングするのはほぼ不可能と言えるほど難しいプロセスです。

特に、ご自身で作ることを目的とする場合にそれを続けることは「木を見て森を見ず」という状態に陥りやすい危険な行動とさえ言えます。

なぜなら、私たちの知識や感覚は常に不完全なので、何のガイドもない自然環境に身を置く場合と同じように、地図や指針となるものを何も持たずに積み重なった情報の山を進めば、どんな方であっても迷ってしまう可能性が高いからです。

このような遠回りや悲しい事態を避けるためには、事前に正確な全体像の中で現在地と目的地をつなぐルートを明らかにしておくという準備こそが必要不可欠な行動と当店では考えています

以下のコンテンツでは、ご趣味やご家庭でのコーヒーに関する核心的な情報に絞り、それら同士の原理的なつながりに即してリンクしてあります。

どうすれば障壁を越えてお好みのコーヒーに向かって進めるのかという根本的な解決への手助けとなり、コーヒーのある生活をより自由に楽しんで頂くためのお役に立てばと思います。

Q. ホームコーヒーについて

Q. アウトドアコーヒーについて

Q. 当店について