Q&A

どなたでもどこでも美味しいコーヒーを

コーヒーの入り口はどこから?

当店は10年以上、何十万杯というコーヒーをお作りしながら、様々な場所で多くのお客様と直接お話させてもらって来ました。

その中で頂く機会の多いご質問について、店頭では十分にお答え出来ないポイントを含めた回答をまとめています。

  • 思うようなコーヒーに出会えない・作れない
  • 自分で淹(い)れてみたいけど難しそう
  • もっと深くコーヒーについて学びたい

コーヒーに興味を持ち始めたばかりの方から長年取り組んでいる方まで、それぞれの方が直面されている疑問とその範囲は多岐に渡ります。

当店では「どなたでも・どこでも・どこからでもお好みのコーヒーに近づいて頂くこと」を目的に、主に抽出(ドリップ)についての優先度が高く根拠の確かな情報をシンプルにお伝えするよう心掛けています

なぜなら、コーヒーの世界に踏み込もうとすると以下のような偏ったイメージばかりが先行してしまい、ためらいが生まれてしまうケースが少なくないからです。

  • 奥が深い・難しい
  • こだわりの~・極上の~・厳選された~
  • 違いが分かる~・大人の~

これらは人々を惹き付けるために、マーケティングの一環として長年かけて築き上げられてきたイメージであり、コーヒーという分野が特別に高度な知識や技術、あるいは感性を必要とするものだからではありません。

その何よりの証拠の一つは、個人でコーヒーや焙煎豆の販売を仕事とするに当たって専門資格や免許・経歴といったものは必須ではなく、まさに当店がそうであるように趣味の延長として始められる方も多いほど参入障壁が低い分野の一つであることが挙げられます。

改めてご自身の経験を振り返って頂くと、私たちが日常的に触れる「商品としてのコーヒー」から得られえる情報は、ビジネス的な定型文や引用文をはじめとする主に誰かからの伝聞、印象止まりであることが大半だということにお気付きになるのではないでしょうか?

その発信源には市場の仕組みが存在し、その枠組みの中で次々と生まれては消え続ける情報の波がすでに私たちを飲み込んでしまっている状態にあります。

つまり、以下に代表されるような情報伝達に関わる問題が本質的な原因です。

  • 一部分、一面のみが切り取られている
  • 無関係なものがバラバラに組み合わされている
  • 宣伝・誘導が最優先されている

もはやこうした状態が、現代において私たちの行く手を阻む最も避け難い障壁になっているのではないかとさえ思います。

現実として、こうした直感的な仕組みによってコーヒーの世界にご興味を持たれるきっかけが生まれやすくなるという一面があることは確かです。

しかし、それらの入り口から先へ進もうとしても、道(論理)がつながっていないという場合が多いので、迷い道に入り込んでしまったり底なし沼にはまってしまったりすりする可能性が高くなります。

外から見えて来るコーヒーの新しい地図

皆さんご存じのようにコーヒーには長い歴史があり、豆、器具、工程、お店などのそれぞれに目を向ければ多種多様な楽しみ方があります。

では、そういった中からご自身のお好みのコーヒーにたどり着くためには、誰もが以下のような険しい道を進む必要があるのかというと、実はそのような心配も労力も要りません。

  • 一つ一つの豆や器具、お店、手法の特徴や仕組みについて一から十まで網羅する
  • ネットや本の情報、専門書を読み漁る

それぞれのコーヒーは全く別のものや個人の力だけで作られているものではなく、自然や時代、地域、テクノロジー、人々の嗜好などに合わせて少しづつ確立されて来た土台の上に成り立っているものなので、それらの確かな情報を元に紐解いて行くことによって、同じパターンを持つまとまりとしてシンプルに整理することも可能です。

そして、そのように分類してみると、そのパターンの数は決して多くありません。

  • なぜそうなっているのか?
  • 全てに共通するポイントは何か?

これらを理解するための「核心(原理)」とそこに至る「近道(法則性・パターン)に当たる情報は、コーヒー以外の分野も含めた歴史的な探究の積み重ねによって、すでに存在しています。

世界中の様々な情報がインターネットを通じてどなたでもすぐに手に入るようになったにもかかわらず、誰もがその核心や近道に辿り着くために必要となる「地図(全体像)」と「ガイド(ナビゲーション)という、幅広く共有可能で整理された情報に出会う機会はあまりありません。

ついつい目の前を流れて行く一つ一つについての情報やレビューなどを参考にしてしまいがちですが、それらは私たちにとって身近な形に変容した、言わば情報の最下流部に位置するものです。

源流から無数に枝分かれし、様々な要因が混ざり合った後のそれらの中から、「指針(コンパス)」となる根源的な情報のみを辿りながら遡(さかのぼ)って行くなどということが、どれだけ困難な道のりなのかは誰でも想像が出来るのではないでしょうか?

正確な位置も目的地も分からないまま先へ進もうとする試みは、言わば「木を見て森を見ず」という行き当たりばったりの状態に陥いりやすい危険な行動に当てはまります。

お好みのコーヒーを作る・見つけるためには、外から全体を捉えた信頼性の高い地図を探すこと、そして、その中でご自身の現在地とゴールがどこにあるか知ることを最優先に行動することをおすすめします。

なぜなら、どう取り繕おうと生身の私たち一人一人の知識や感覚は常に局所的で不完全なものだからです。

以下のコンテンツでは、なるべくご趣味やご家庭でのコーヒーに関する核心的な情報に絞った上で、それらのつながりが見えて来るようにまとめています。

  • 様々なコーヒーが生み出されるまでの全体像と原理的な仕組み
  • 上達を目指す各段階で障壁になりやすいこととそれを乗り越える方法
  • 未だよく分かってない謎についてと当店なりの探求

まだまだ拙い地図と思いますが、コーヒーをより自由に楽しんでもらうお役に立てば幸いです。

Q. ホームコーヒーについて

Q. アウトドアコーヒーについて

Q. 当店について